参政権で亀井金融相「民族感情を刺激も」(産経新聞)

 亀井静香郵政改革・金融相(国民新党代表)は3日の参院本会議での代表質問に対する答弁で、永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案について「わが国は過去に韓半島(朝鮮半島)に植民地的支配をやった歴史があり、心ならずも多くの方々が(日本に)移住してきたが、参政権付与とは別の問題だ」と述べ、同法案に反対する考えを改めて示した。

 亀井氏はさらに、「選挙は過熱する場合がある。参政権付与で民族感情が刺激され、対立が生まれる危険性もないわけではない。参政権を望む方は帰化で対応していただきたい」と述べた。自民党の松村祥史氏の質問に答えた。

<石川知裕議員>辞職勧告、結論出ず 衆院議運(毎日新聞)
「時効廃止」案 月内にも答申(産経新聞)
【中医協】精神病棟入院基本料、「13対1」新設で合意(医療介護CBニュース)
<鳥取連続不審死>被害者の車に容疑者の指紋 殺害前付着か(毎日新聞)
内服薬は1回量を記載=処方せんの書き方統一へ−伝達ミスを防止・厚労省(時事通信)
[PR]
by bothfrzd7n | 2010-02-11 17:15