野党、「対検察共闘」発言を批判=菅氏は首相かばう(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長の元秘書逮捕に絡み、鳩山由紀夫首相が検察当局を批判した小沢氏を支持したことをめぐり、野党側は17日、首相の姿勢を一斉に批判した。
 首相は16日に小沢氏と会い、直接「(検察と)闘ってください」と伝えた。これについて、自民党の谷垣禎一総裁は記者団に対し、「首相の立場から逸脱した、非常に偏ったことを言っている」と述べ、問題があるとの考えを示した。公明党の山口那津男代表はNHK番組で「行政府の長として不穏当だ」と批判した。
 共産党の志位和夫委員長は「遺憾な発言だ」と指摘し、みんなの党の渡辺喜美代表は「指揮権発動まで覚悟したことなのかと思えてしまう。のっぴきならない」と語った。
 一方、菅直人副総理兼財務相は同番組で「首相は行政の長の立場というよりは、代表、幹事長の関係で信頼しているということを言いたかったと理解している」と擁護した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

「事実包み隠さず話した」=改めて徹底抗戦の姿勢−小沢氏、聴取後急きょ記者会見(時事通信)
JR遮断棒折れ3.2万人影響(産経新聞)
田の中勇氏死去(声優)(時事通信)
郵便不正事件 27日に村木被告の初公判(産経新聞)
谷垣氏も首相と小沢氏追及へ 自民、集中審議開催要求(産経新聞)
[PR]
by bothfrzd7n | 2010-01-24 15:33