野球賭博、厳正な調査を=官房長官(時事通信)

 仙谷由人官房長官は16日午前の記者会見で、大相撲の大関琴光喜関らによる野球賭博問題について「厳正な調査をして改革策をつくってもらわないといけない」と述べ、日本相撲協会への指導を強化するよう文部科学省に求める考えを示した。
 仙谷長官は「協会は徹底的にうみを出すと言っているが、果たしてマネジメント能力が協会にあるのかないのかが指摘されてきた」と強調した。 

【関連ニュース】
琴光喜関を再聴取へ=賭博関与で警視庁
申告力士らの聴取検討=大相撲野球賭博問題で警視庁
複数の力士が野球賭博=相撲協会に申し出
「チケット流出経路の把握を」=暴力団幹部の大相撲観戦で文科相
2親方「認識不足」強調=相撲協会、27日処分

<普天間移設>菅首相、沖縄県知事との対話継続に期待感(毎日新聞)
中1長女に暴行 容疑、教諭を逮捕 兵庫県警(産経新聞)
<神経回路>再生、妨げる仕組み解明(毎日新聞)
聴覚障害者、高齢者ら向けの火災警報設備の普及で初会合―消防庁(医療介護CBニュース)
<参院選>7月11日固まる 郵政法案、今国会成立見送りへ(毎日新聞)
[PR]
by bothfrzd7n | 2010-06-16 16:58