<ユニセフ大使>アグネス・チャンさん、ソマリアを視察(毎日新聞)

 【ハルゲイサ曽田拓】ユニセフ(国連児童基金)の国内委員会「日本ユニセフ協会」の大使を務めるアグネス・チャンさん(54)が17日昼(日本時間17日夜)、視察のため、無政府状態の続く東アフリカ・ソマリア北西部のハルゲイサを訪れた。ユニセフなどによる難民キャンプの女性や子供たちへの支援の状況などを見て、23日に帰国する。

 アグネスさんは98年の大使就任以来、イラクやスーダンなど12カ国を視察している。

 ハルゲイサは「ソマリランド」と呼ばれる自治政府が実効支配する地域にあり、アグネスさんはこの日、ソマリアで使われるソマリ語の文字を教わるなど、現地の少年たちと交流した。

 ソマリアでは90年代から内戦が続いており、ユニセフは「約360万人が人道上の緊急事態にあり、うち72万人は5歳未満の子供たち」と分析している。

インフル治療薬ラピアクタの小児適応を申請―塩野義(医療介護CBニュース)
17政令市がプラス予算=生活保護費、最大規模に−時事通信まとめ(時事通信)
エコポイント手続き、簡単にします 4月から(産経新聞)
確定申告 かけ声むなし? 鳩山首相「税金払って」(毎日新聞)
安防懇が初会合 どこまで踏み込めるか 課題は山積(産経新聞)
[PR]
by bothfrzd7n | 2010-02-23 08:14