HIV感染者減る!新型インフルで関心薄れ?(読売新聞)

 厚生労働省は12日、2009年のヒト免疫不全ウイルス(HIV)の新規感染者数と自治体による検査件数が、それぞれ7年ぶりに前年を下回ったと発表した。

 いずれも速報値で、感染者数は1008人(前年比118人減)、検査件数は15万252件(同2万6904件減)。

 新規感染者数と検査件数は08年まで6年間増加していたが、昨年は新型インフルエンザの影響で、HIVへの関心が薄れたとみられる。同省は「感染者数の実数が減ったとは思えず、検査件数の減少が反映しただけ」と分析している。

 新規エイズ患者数は420人と、4年ぶりに前年(431人)を下回ったが、感染者数に占める患者数の割合(29・4%)は増加した。

<訃報>齋藤賢四郎さん89歳=元ナブコ社長(毎日新聞)
<立教大>理学部入試でミス(毎日新聞)
<首都圏・雪>早大入試にも影響(毎日新聞)
国内最長寿の還暦ウミガメが名前募集中 徳島の博物館(産経新聞)
インフル患者、さらに減少=週推計22万人−感染研(時事通信)
[PR]
by bothfrzd7n | 2010-02-20 19:44